<久米島>ここだけは何がなんでも絶対外せないNo.1観光スポット『はての浜』

久米島

久米島に住んでいたときのこと。

家族が久米島に遊びにやってくるというので滞在中のプランを聞いたところ、
行きたいところリストの中に『はての浜』が入っていないではありませんか。

あほかー!!!!はての浜行かんかったら久米島に来たとは言わんわ!!!!

と思わず往復ビンタをしそうになりました。

はての浜だけは絶対に外してはいけません。

海にあまり興味がなくても、泳ぐつもりがなくても、はての浜だけには行ってみてください。

海に入るつもりないしどうしようかなあと言ってた父が
誰よりも真っ先に海に入り子供のようにはしゃいでいました。

来て良かったと心から喜んでいました。

それぐらい美しく、行く価値がある場所。

どれほど綺麗で絶景か、ぜひご自身の目で確かめてみてください。

はての浜について

「はての浜」は久米島の東5kmの所に浮かぶ3つの島の総称(全長約7km)であり、砂浜だけの無人島です。

久米島に近い方からマエノ浜(メーヌ浜)、ナカノ浜、ハテノ浜と呼ばれています。

はての浜は東洋一の美しさとも言われ、テレビの撮影やCM、音楽のPVなどでもよく使われています。

見渡す限り360°エメラルドグリーンの海と真っ白な砂浜。その美しさは言葉に言い表せないほど。

はての浜ではシュノーケリングや海水浴が楽しめます。

はての浜への行き方

はての浜にいくにはボートに乗らないといけないため、現地のはての浜ツアーに参加することになります。

ほとんどのはての浜ツアーは「ナカノ浜」に行きます。

半日コースや1日コース、上陸のみやシュノーケルプランなどがあります。

ツアーの申し込みは、ホテルのフロントや、個人でツアー会社へ連絡をしましょう。

ボートに乗れる人数は限られていますので、前日までに予約をしておきましょう。
(当日でも空きがあれば受付をしてくれるところもあります。)

ツアー選びのポイント

①はての浜滞在時間(半日か1日)

②オプション(シュノーケリング、グラスボート、パラソルなど)

③ナカノ浜行きかハテノ浜行きか

④送迎有りか港集合か

⑤ツアーの料金

はての浜ツアーの比較はこちらのサイトが情報が多くとてもわかりやすいです。

久米島はての浜へのアクセス・行き方は?|トリッパー
沖縄の離島「久米島」の観光スポットの中でも、ひときわ有名な「はての浜」。青い海に囲まれた、真っ白い砂の小島が持つ美しさに惹かれ、久米島への旅行を決めたという方も多いのではないでしょうか。 久米島への到着後は、さっそくはての浜に上陸してみた

はての浜へ

はての浜には簡易トイレがあるだけでそれ以外は何もありません。

飲み物は船に乗る前に買っておきましょう。

また、日かげもありませんので日焼け止めの準備もお忘れなく。

船酔いをしやすい方は酔い止めを飲んでおきましょう。

泊フィッシャリーナ出発。

グラスボートからは美しいサンゴ礁、色とりどりの魚が見えます。ウミガメに出会えることも。

はての浜に到着し、ボートから砂浜に降りるとき足元が濡れますのでサンダルを履いていきましょう。

思う存分絶景を堪能してください。

シュノーケリングをされる方は魚の餌を持っていくと楽しさ倍増。

この美しいはての浜でプロポーズをされるかたも少なくないようです。

楽しいはての浜ツアーとなりますように。

タイトルとURLをコピーしました